【厳守】キャバクラを経営するならこれだけはNG!!

こんにちは!

キャバクラ紹介プロダクションJANELの浅井です!

今回はキャバクラを経営するにあたって絶対してはいけないことを勧告します!

ボッタクリ経営

絶対にボッタクリ店だけは営業しないようにしましょう。

料金表に金額を書いていたとしても悪質な料金設定をしてはボッタクリになります。

ボッタクリは一時期流行りましたし、目先の利益を追求した究極体と言えますが、その時のお金以上に失うものが多くなります。

  • お客様からの信頼
  • 同業者さんからの信頼
  • スタッフ、キャストさんからの信頼

全てを失います。

短期的に利益を作れたとしてもそのあとの面倒や、最悪逮捕までされてしまえば世間からの信頼を失ってしまい、その後のビジネスにも影響が出てしまいます。

給料のごまかし、延滞

キャバクラを経営すると 固定費 は意外と高くかかります。

  • 給料
  • 備品代
  • 酒代
  • 光熱費
  • 通信費

月末締めてみたら現金が追い付かないなんてことも…

だからといって人の給料を遅らせたり、未払いなんてもってのほかです。

経営にかかる費用もしっかり計算して経営しましょう。

また、給料を誤魔化されてると思われないように、明確なシステムを用意することも大切です。

求人での詐欺広告

出せもしない高時給をうたったり、待遇をうたったり、

応募は増えるかもしれませんが、結果として在籍を安定して確保することにはつながりません。

目的は在籍の確保のはずです。

応募数を上げることよりも、こういう子に来てほしいというようなメッセージ性が強い掲載をオススメします。

掲載ないようと実際行ってみての違いなどは悪評としてネットですぐに拡散されてしまいます。

途中で直したとしても、「嘘つく店舗」というレッテルを張られると巻き返しは相当難しくなります。

集客を他人に頼る経営

キャストに頼る

たしかに指名されるのはキャストさんですが、依存しすぎてもよくありません。

そのキャストさん自体を管理する能力や、その子を囲えるような環境づくりができていなければお店としてその売り上げを維持することができません。

また売れっ子はキャストさんだけの力では生まれません。

黒服さんや、周りで働く女の子の協力があって初めて売れっ子になれます。

よくオープンしたてのお店からは「売り上げある子紹介して」といわれますが、最初からキャストの売り上げに依存しようとしているようではうまくいきません。

案内所やキャッチに頼る

また集客についてキャッチや案内所に頼り切ってしまってもいけません。

新規のお客様をどれだけ集めても、お店自体の印象が良くなければリピートはありません。

お客様に喜んでもらえる環境作りをまず最優先に考えましょう。

そのためにはまずターゲットとするお客様をある程度しぼることも大切だと思います。

なんでもかんでも新規を入れていたら、本来入れてはいけないお客様もまじり、キャストさんやスタッフさんにストレスを与えてしまうこともあります。

違法行為

無許可営業

キャバクラなど接待が行われる店舗は風俗営業の許可をとる義務があります。

今キャバクラをオープンしようとしている方で営業許可を申請しない人はいないと思いますが、申請中で、許可番号が発行されていない状態で営業を始めてしまっても無許可営業になってしまいます。

無許可営業をしてはオープンまでのすべての準備は水の泡になってしまいます。

早くオープンさせたいからと焦って先に営業を始めるというのも絶対にやめましょう。

また、名義貸しも違法です。

アンダーの雇用

18才未満の接待(接客)は法律で禁止されています。

それを防ぐためにも年齢確認は必須です。

顔写真付きの身分証でしっかり年齢は確認しましょう。

一部の店舗では未だにアンダー(18歳未満)のキャストが働いていると聞くことがありますが非常に危険です。

ばれないだろうという軽はずみな判断から営業停止処分をうけてしまう可能性もあります。

そうなったら働いていたスタッフさんやキャストさんのお給料まで支払えなくなってしまう可能性だってあります。

人が足りない、めちゃくちゃカワイイといった場合でも絶対に18歳未満は採用しないようにしましょう。

外国人の不法就労

不法就労とはその場所で働く権利や許可のない外国人が働くことを指します。

キャバクラでは永住権がない外国人を働かせてはいけません。

これについてはキャストとしてだけでなく、キッチンやホールスタッフなど接待業務を行わないスタッフも対象です。

外国人の不法就労は不法就労助長罪といって刑法違反となり、重い罰を受ける事になります。

実際は見た目やしゃべる言葉だけでは外国人と見抜けないケースもあります。

そのため、身分証確認の際は日本のパスポート、または本籍地記載の住民表を年齢確認のための書類として用意させる方が安全です。

地域の警察からもそういった指導はあるはずです。

未成年者へのお酒の提供

働くキャストさんが満18才以上でも、20歳未満でしたらもちろんお酒を飲ませてはいけません。

未成年に飲酒させると営業停止処分になる場合もあります。

一部のお店では未成年に飲酒させないよう、手首にバンドを付けたりして絶対に間違って提供しないよう対策している店舗もあります。

また、10代は身分証確認しっかりしましょう。

若いなとちょっとでもおまったら複数の身分証でチェックすることをオススメします。

まとめ

キャバクラを経営する上で一番大切なのは信頼です。

  • キャストさん
  • スタッフさん
  • お客様

関わる人達から信頼を得られなければ経営は長く成り立ちません。

目先の利益を優先するのではなく、真面目で誠実な経営を心掛けましょう。

記事を見てくれてありがとうございます!

弊社で運営しているのは在籍するお店の紹介『JANEL』、キャバクラの派遣『Jewels』、ヘアメイクさんの派遣『JOENN』。
関東全域、大阪、名古屋の1500店舗以上をご紹介できます。

  • ・お店探しで苦労してきたという方
  • ・自分のベストな働き方がわからないという方
  • ・未経験でなにもわからないという方

今のあなたに合った働き方をご提案させていただきます!

お気軽にJANELまでご相談ください。ラインでも対応できます。

稼ぎたい貴女をナイトワークのプロが徹底サポート 完全自由出勤×全額日払い 【全額日払い】簡単にヘアメイクのお仕事ができちゃいます!

ジャネルとは

浅井のプロフィール

ナイトワーク、水商売のお仕事を専門にご紹介しております!
東京、埼玉、千葉、神奈川の関東圏はもちろん、大阪、名古屋なども対応しています。

・お店探しで苦労してきたという方
・自分のベストな働き方わからないという方
・未経験でなにもわからないという方

そんな方は是非一度ご相談ください。 貴女目線で、本当に貴女に合った働き方をご提案します。

失敗しないお店選びをするために必要なのは【正しい知識】と【正しい判断】です。 「JANELと出会って人生変わった!」 そう言ってもらえるような仕事を目指しています。