正しい辞め方とは?キャバクラを辞める前に考えたい4つのこと

どーもこんにちは!JANELの浅井です!

今日は「お店を辞めるときどうしたらいいの?」と悩んでいる子の為に、キャバクラの辞め方についての解説をします。

 

①なぜ辞めたいのか理由をハッキリさせる

なぜ自分が辞めたいと思っているのか、どこが嫌なのかまず整理しましょう。

整理しておけば次のお店探しがとてもスムーズになりますし、改善策が見つかるかもしれません。

なぜ辞めたいのか、その理由によって、その先どうするか慎重に判断するようにしてください。

辞めるのか、続けるのか、店を変えるのか、よく考えることが大事です。

キャバクラの採用事情は、今すごく厳しくなってるので、次のお店を見つけることも簡単ではありません。

浅井
ただなんとなく辞めるのは1番良くないです!

あるあるな辞める原因と、その対処方法をご紹介します。

 

 

時給が下がったから辞めるパターン

保障期間が終わり、時給が下がるタイミングで移籍を考える子がほとんだと思います。

ただ時給が下がるということはその分の売り上げを作れてなかったということです。

むしろ下がった時給がその時の自分には適正です。

理不尽な時給ダウンは、入店前にしっかりと給料のスライドシステムが説明される店ではありえません。

よく面接用紙に経歴を書くと思うのですが↓のような内容の場合

勤めている期間を見れば、保障期間でお店を辞めて、店を転々としている子だとわかります。

この内容だと、その時給分に見合った実力は無い子だと判断されます。

保障期間中の退店を繰り返すとそれ以上の時給で採用されることはかなり難しくなります。

 

時給を上げる努力が大事

時給が下がったのであれば、そこから時給を上げる努力をしてみるということが大事です。

お店の人にもアドバイスをしてもらって、言われたこともしっかりやりましょう。

それでもお店で結果が出ない場合は、もっと自分の良さを活かせるお店を探しましょう。

 

売上を上げるというのは、自分1人だけの力ではなく、周りの協力ももちろん重要です。

協力性の無いスタッフばかりのお店だったのであれば、お店を変えることを考えましょう。

 

ノルマとペナルティが多いので辞めるパターン

お店によってはノルマや、それに対するペナルティがあります。

ただそのノルマ、ペナルティというものは、その店で働く上で最低限の仕事量のラインで設定されます。

ペナルティがあるお店が悪いのではありません。

もしペナルティが発生していたとしたら、その力が無かったと真摯(しんし)にうけとめて頑張るか、もう少しユルいお店を探しましょう。

 

罰金が多かったので辞めるパターン

遅刻や当欠で罰金が多く辞めたという子は、他の店でもそうなります。

出したシフトくらい守りなさいという助言しかできません。

浅井
遅刻や当欠は人として良くないよね

お子さんがいる、昼の仕事があるなど、入店前にしっかり話をしていて、明確な理由があれば考慮してくれるお店もあります。

時給や時間だけでなく、今の自分の生活にあったお店選びは非常に重要です。

 

昼職を始めるから辞めるパターン

昼職とかけもちで続けることが難しい場合は、昼職に影響出ないような店を探すのはありだと思います。

お店によっては週1からでも在籍できたり、早上がり等融通が利くところもあります。

キャバクラの派遣に登録するのもオススメです。

 

②素直に悩みを相談する

辞めることをお店に伝える前に、お店の人か、そのお店を紹介してくれた人に今の気持ちを素直に相談しましょう。

なぜ後ろ向きな気持ちになっているのか明確に伝えられれば、改善してくれるケースもあります。

相談相手がお店の関係者しかいないくて、聞く耳を持ってもらえないようであれば、僕に相談してください。

浅井
いつでも相談してね!

 

③お店のルールを守って退店意思を伝える

解決できなかった場合は勇気を出して退店意思を伝えましょう。

LINEで済ませようとする子もいるのですが、そこはマナーとして直接言うようにしましょう。

直接言うのが怖ければ、最低でも電話で。

LINEとか送って既読ついたからと、退店した気になっていると、「飛び」扱いになっていたりします。

給料がもらえないなどのトラブルにもつながることも。

ルールを破っての急退店飛びはリスクが伴います。

 

急退店のリスク

保障期間中の退店や、退店意思を伝えてから1か月前より早い段階での退店すると、時給を下げられてしまうことがあります。

通常退店のルールは給料システムの紙などに明記してあるはずなので、よく確認しておきましょう。

 

飛びのリスク

まず一番のリスクとして、給料をそう簡単に支払ってくれないでしょう。

そして大体の店が何かしらつながりがあるので、綺麗に退店していないと、次のお店選びにも支障がでることになります。

飛んだのを隠して次の店が見つかっても、入店後に前のお店を飛んでいることが発覚し、それが原因で急に解雇されることもあります。

お店のルールは守るようにしましょう。

浅井
恩を仇で返すようなことはダメ絶対!

 

ただ入店時にシステムや規約の説明が無いお店は要注意です。

早めに辞めた方がいいかもしれません。

 

④次のお店を探す方法を考える

次のお店を探すのは、今のお店ときちんと話をして、退店の意思を伝えてからにしましょう。

その後どう探すのかは自由ですが、求人サイトなどでは正確な情報が載っていないので、条件のあったお店を見つけるにはかなりの時間がかかります。

自分のような専門家に相談するのが一番の近道です。

 

まとめ

正直お店を変えることより、自分が変わることが大事です。

  • 時給が下がる→時給を上げる努力をする
  • 客層が合わない→自分がお客さんに合わせてみる

など、そのお店で自分ができることを試してみることが大切です。

勿体ないお店の辞め方をしてる子がとても多いのが現状です、、

 

「どうしてもお店を変えたい」

「辞めるか迷っている」

そんな時は、浅井までお気軽に連絡ください。

記事を見てくれてありがとうございます!

JANELの浅井です!

弊社で運営しているのは在籍するお店の紹介『JANEL』、キャバクラの派遣『Jewels』、ヘアメイクさんの派遣『JOENN』。
関東全域、大阪、名古屋の1500店舗以上紹介できます。

  • ・お店探しで苦労してきたという方
  • ・自分のベストな働き方がわからないという方
  • ・未経験でなにもわからないという方

3000店舗以上を実際にこの目でみてきた正しい知識で、
今のあなたに合った働き方をご提案させていただきます!

お気軽に浅井までご相談ください。ラインでも対応できます。

RECOMMEND|人気記事はこちら

ABOUT 浅井

この記事を書いた人

浅井恒太(あさいこうた)

キャバクラ派遣Jewels・キャバクラ紹介プロダクションJANEL・ヘアメイク派遣JOENN、いずれも水商売、ナイトワークに特化した紹介事業を運営する。実際にその目で見て培った【正しい知識】と【正しい判断】で働き方を提案する。女の子第一主義を掲げ、女の子目線でお店を紹介をしている。

NEW POST|最新記事はこちら

稼ぎたい貴女をナイトワークのプロが徹底サポート 完全自由出勤×全額日払い 【全額日払い】簡単にヘアメイクのお仕事ができちゃいます!

浅井のプロフィール

浅井のプロフィール

こんにちは。JANELの浅井です。ナイトワーク、水商売のお仕事を専門にご紹介してます! 東京、埼玉、千葉、神奈川の関東圏はもちろん、大阪、名古屋なども対応しています。

・お店探しで苦労してきたという方
・自分のベストな働き方わからないという方
・未経験でなにもわからないという方

そんな方は是非一度浅井までご相談ください。 貴女目線で、本当に貴女に合った働き方をご提案します。

失敗しないお店選びをするために必要なのは【正しい知識】と【正しい判断】です。 「浅井と出会って人生変わった!」 そう言ってもらえるような仕事を目指しています。

↓浅井のプロフィール↓

Category/カテゴリー